自動車保険の見直し方

自動車保険というのは、今までは車を購入時に合わせて契約をする代理店型というのが一般的でした。しかし、最近ではダイレクト型という通販型の保険も出ています。このダイレクト型は、店舗を持たないですし代理店を通さないですし、さらに新しいタイプの保険も多いのでリーズナブルなものも多いです。場合によっては年間で数万円保険料を節約することができる場合もあります。同じような補償内容であったとしても、保険料は各会社によって異なります。複数の保険会社の保険料とプランを比較検討して自分に合ったものを選ぶことが必要です。

具体的に見直すべきポイントはどのようなところでしょうか。まずは、現在加入している保険の補償内容がどのようなものであるかを確認することです。多くの場合、必要以上の補償内容を追加していることが多いです。対人・対物補償については無制限を選択、それ以外については必要に応じて補償内容を追加していくことが必要です。

対人対物補償というのは、事故の際に相手に対して怪我の補償、壊したものの補償を行うものです。事故の内容によっては億単位の保険料を支払うこともあります。契約の保険金では足りないという場合には示談交渉を自分で行わなければならなくなったり多額の保険金を自分で支払わなければならなかったりするために、これは外せない補償内容です。また、自分自身の怪我についての補償も最低保証額の付帯はしておくことが望ましいです。