走行型の自動車保険

自動車保険は、加入する際にリスク区分というものが行われます。このリスク区分というのは、普通車や小型車といった車種、グレードや初年度登録といった型式を申し込み時に告知して、それによって事故の起きる確率やその際の損害額を算出して保険料を決めるというものです。このリスク区分というのは、保険会社によって異なるもので、年齢や免許の色、使用用途、使用地域といったものも保険会社によってはリスクとされて保険料の算出に反映されます。

このようなリスク区分の中に走行距離を採用している保険会社があります。車に乗る距離が少ないということは事故のリスクが低くなるとして保険料が値引きされます。このような走行距離をリスク区分に採用している保険会社というのはダイレクト型が一般的で、その中でもまだ数社に限られています。

また、その基準となる走行距離も保険会社によって異なります。そのため、自分の車の走行距離と各社の年間走行距離区分を見比べてきちんと保険料の割引があるのかを確認しておくことが必要です。一般的に年間走行距離が10000キロメートルが大きな違いの出るラインとなっています。そのため、年間走行距離で保険を選びたい場合には、ここを一つの目安として選ぶ基準にするのがオススメです。

自動車保険の見直し方

自動車保険というのは、今までは車を購入時に合わせて契約をする代理店型というのが一般的でした。しかし、最近ではダイレクト型という通販型の保険も出ています。このダイレクト型は、店舗を持たないですし代理店を通さないですし、さらに新しいタイプの保険も多いのでリーズナブルなものも多いです。場合によっては年間で数万円保険料を節約することができる場合もあります。同じような補償内容であったとしても、保険料は各会社によって異なります。複数の保険会社の保険料とプランを比較検討して自分に合ったものを選ぶことが必要です。

具体的に見直すべきポイントはどのようなところでしょうか。まずは、現在加入している保険の補償内容がどのようなものであるかを確認することです。多くの場合、必要以上の補償内容を追加していることが多いです。対人・対物補償については無制限を選択、それ以外については必要に応じて補償内容を追加していくことが必要です。

対人対物補償というのは、事故の際に相手に対して怪我の補償、壊したものの補償を行うものです。事故の内容によっては億単位の保険料を支払うこともあります。契約の保険金では足りないという場合には示談交渉を自分で行わなければならなくなったり多額の保険金を自分で支払わなければならなかったりするために、これは外せない補償内容です。また、自分自身の怪我についての補償も最低保証額の付帯はしておくことが望ましいです。

自動車の保険見直し

最近、保険見直しの必要性がよく話題になっています。その中でも。自動車保険については一般的に年に一度更新時期が来ることで見直しの機会があるものです。最近では、節約志向が高まっていることで保険料の見直しも重要視されています。保険の見直しをすることは、保険内容を見直すということと保険料を見直すという二つの意味があります。保険内容を見直すことで、困った時に必要なものが備わった保険にすることができます。また、公共料金や保険料のような月々の固定費を抑えることによって年間でのトータルの金額としては大きなものになりますから見直しをすることはとても重要な意味街があるのです。

特に、ここ数年で自動車保険はその商品の数が増えており各社様々な特色を打ち出しています。自動車保険というのは加入していても事故の被害者にも加害者にもならずに済めば使うことはないので、加入していても使わないほうが望ましいものです。そのため保険料を支払っているのに全く還元がされない可能性もあるのですが、だからと言って保険を最小限のものにすると、いざという時には保障内容が不足するということも出てきます。そこで、節約になるように不要な保障内容は外しつつも、いざという時には困らないバランス良い加入内容にすることが重要です。

そこで、ここではこれから自動車保険を見直すことを検討している人のために、見直しする際に気をつけるべきポイントと押さえておくべき加入内容、注目すべき新しいタイプの自動車保険とその内容について紹介をしていきます。